麦粒腫 霰粒腫

麦粒腫と霰粒腫

ものもらいは2種類挙げることができますが、その症状によって違う原因が考えられます。
一般的に発症者数が多い「麦粒腫」という種類なら、まぶたにあるマイボーム腺部分、またはまつげの根元部分に症状が認められます。
原因といわれているのは黄色ブドウ球菌ですが、この菌に感染していても、無理に体を動かさなければ症状が改善されることも珍しくありません。
しかしながら、症状が重くなり可能が際立ってしまった場合、溜まった膿を取り除く治療を施さないといけなくなることも考えられます。
その一方で霰粒腫の原因は、マイボーム腺に対して詰まりが起こり、分泌物が積み重なったことにあります。
最大の要因となるのが分泌物になりますので、菌に感染された状態ではないため、かゆみや痛みが生じることはないです。
マイボーム腺というのはやたらと細いもののため、詰まりを招くことは往々にしてあり、詰まりの原因というのは特別ありません。
ただし、目やその周辺をよく触る人は、その癖をやめることができるように注意することが大切でしょう。
過半数のものもらい患者は、菌の感染により引き起こされる麦粒腫ですが、その菌は何も特殊なものではないのです。
私たちの生活の中の様々な場面に生息している菌なので、変わったことがなくても、ものもらいの症状が出てくることは考えられます。
目の変化を察知した際に、たかだかものもらいだろうと甘く見ていると、症状が進行することもあります。
早いうちにちゃんとした治療をするためにも、眼科で症状を確かめてもらったほうが良いでしょう。